【資産公開】2022年2月 株価暴落⁉資産への影響はあったのか?

資産管理
スポンサーリンク

こんにちは。歩兵の将です。
今回は、2020年3月から開始した資産運用の24ヶ月目の実績を公開します。

開始から24ヶ月経過し「つみたてNISA」や「ジュニアNISA」「iDeCo」、「高配当株投資」の状況を公開します。

今月は、米国の金融引き締めやロシアのウクライナへの侵攻懸念などの影響なのか、一時米国株の大幅下落がありましたが、金融資産への影響はあったのか確認しながらまとめていきます。

2022年2月5日時点

掛金評価額評価損益損益率構成比評価額前月比
現金1,969,568円 1,969,568円27%35,000円
つみたてNISA1,145,662円1,346,903円201,241円17.57%18%▲6,417円
ジュニアNISA1,050,000円1,208,533円158,533円15.10%17%▲6,836円
その他投資信託209,667円262,814円53,147円25.35%4%4,626円
iDeCo729,430円887,895円158,465円21.72%12%▲13,379円
米国株式705,276円795,823円90,547円12.84%11%94,538円
国内株式800,384円818,696円18,312円2.29%11%11,538円
合計6,609,987円7,290,232円680,245円10.29%100%119,070円
資産内訳
資産構成割合

現金

現金は、生活防衛資金として月の生活費6~12ヶ月分の貯蓄を目標にしています。
毎月3.5万円を貯蓄し、ボーナスが出れば追加します。目標金額は、200万円です。

1,969,568円と先月より+35,000円となっています。
目標金額200万円まで残り30,432円ですので、来月には達成できそうです。(*^▽^*)

生活防衛資金は多いに越したことはないので、毎月3.5万円の貯蓄は継続します。
株価暴落時に追加投資するための資金も必要になるので、ある程度の現金は確保しておきたいですしね。

貯蓄口座は、あおぞら銀行BANK支店を使用しています。
普通預金の金利0.2%と高いのでおすすめです。
あおぞら銀行BANK支店については、「おすすめ銀行口座」をご確認ください。

つみたてNISA

つみたてNISAは、評価損益+201,241円(+17.57%)となっています。
先月と比較すると評価額▲6,417円と少し減少してしまいました。
米国株の下落が原因となっていますが、長期の運用を想定しているので、逆に買増しのチャンスが来ていると思っています!

私は、毎月33,333円を2020年3月から運用しています。24ヶ月経過
妻は、毎月33,000円を2020年12月から運用しています。14ヶ月経過
妻の積立額を2022年2月から33,333円に変更しました。

  • つみたてNISA(歩兵の将)
    • 楽天・全米株式インデックスファンド(毎月33,333円)
  • つみたてNISA(妻)
    • eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)(毎月3,333円)
    • eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)(毎月30,000円)

2022年からは、2口座とも積立金額を最大の33,333円づつ毎月積み立てていきます。
2022年は、コロナ禍で行っていた金融緩和から、テーパリングによる金融引き締めを行うと発表されているため米国株の下落が起こるかもしれないと、米国株式の比率を大幅に上げて投資を行います。
来年投資する投資信託は、また年末に検討して変更する予定です。

歩兵の将 つみたてNISA資産推移

ジュニアNISA

ジュニアNISAは、評価損益+158,533円(15.10%)となりました。
2020年9月から運用開始し、17ヶ月経過しました。
児童手当も含め、毎月50,000円を積み立てています。

  • ジュニアNISA
    • eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)
    • eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

銘柄の割合は、オールカントリーが60%、S&P500が40%です。
気持ちオールカントリーを多めにしてリスク分散しています。

とは言っても、オールカントリーの半分以上は米国株なのであまり変わりませんが・・・。汗

iDeCo(個人型確定拠出年金)

iDeCo(確定拠出年金)は、評価損益+158,465円(21.72%)となりました。
先月と比較すると▲13,379円とiDeCoにも米国市場の影響が出ています。
毎月23,000円を積み立てています。

60歳まで引き出せないので、粛々と積み立てあるのみです。
自分年金となるので少し債券などを含め、リスク分散しています。

  • 購入銘柄(掛金配分)
    • 楽天全米株式バンガード楽天DC(35%)
    • ONEたわら225楽天DC(20%)
    • ONEたわら先進国債楽天DC(15%)
    • 三井住友DC外国リート楽天DC(10%)
    • 三井住友DC日本リート楽天DC(10%)
    • ONEたわら国内債楽天DC(10%)
iDeCo内訳
iDeCo資産推移(2020年12月~2022年2月)

米国株式

米国株式は、高配当株ETFを少しづつ購入しています。
評価損益+90,547円(12.84%)となりました。

  • 高配当ETF銘柄
    • SPDRポートフォリオS&P500高配当株式ETF(SPYD)60株
    • バンガード・米国高配当株式ETF(VYM)20株
    • iシェアードコア米国高配当株ETF(HDV)20株

米国株式下落の際にSPYDを10株、VYM・HDVを2株づつ買増しました。
少し安く購入できたのでラッキーでした。(*´ω`*)

3ヶ月毎に配当金がいただけるので、ある程度配当金が貯まったら配当金で買い増ししていきます。

国内株式

国内株式は、米国株式同様に配当金(インカムゲイン)目当てで投資をしています。

国内株式の高配当株(配当利回り3.5%以上)を購入しています。
国内株式高配当株投資には、SBIネオモバイル証券を使用しています。
SBIネオモバイル証券では、1株単位から購入可能なので、少しの資金で多くの銘柄に分散投資する事ができます。

個別株を1銘柄購入していますが、絶賛含み損中です。損切もできず▲18.5%もの損失を出してしまったので、戒めのために塩漬けしています。
次に個別株を購入する際は、損切ラインもしっかりと決めてから購入しようと思います。

check

日本株は、通常100株単位での購入となるので、有名どころ銘柄を購入しようとすると10万円以上の資金が必要となります。
SBIネオモバイル証券であれば1株から購入が可能です。
活用してみてはいかがでしょうか?

まとめ

現在の資産は、729万円と先月から119,070円増加しました。
まずは資産1,000万円を目標に活動していきます。
定期的に資産公開し、進捗を報告します!

コメント

タイトルとURLをコピーしました