【2022年8月 資産公開】総資産900万円目前!

資産管理
スポンサーリンク

こんにちは。歩兵の将です。
今回は、2020年3月から開始した資産運用の30ヶ月目の実績を公開します。
2020年までは、貯蓄や投資などもしていなかった平凡なサラリーマンでも、お金の勉強を始め、支出の見直しを行い投資を始めて2年半で大台の1,000万円が見えてきました!

資産運用開始から30ヶ月経過した「つみたてNISA」、「ジュニアNISA」「iDeCo」、「高配当株投資」などの状況を公開します。

2022年8月4日時点

掛金評価額評価損益損益率構成比評価額前月比
現金1,949,731円1,949,731円22%43,253円
つみたてNISA1,548,991円1,829,007円280,016円18.08%21%131,238円
ジュニアNISA1,300,000円1,526,213円226,213円17.40%17%101,248円
その他投資信託309,669円374,482円64,813円20.93%4%28,686円
iDeCo887,317円1,062,749円181,864円20.50%12%69,605円
米国株式995,913円1,062,749円66,836円6.71%12%1,095円
国内株式941,882円984,189円42,307円4.49%11%78,709円
合計7,933,503円8,795,552円862,049円10.87%100%453,834円
資産内訳
資産構成比率

現金

現金は、今月より4万円を毎月貯蓄し、ボーナスが出れば追加します。
現在、1,949,731円と先月より43,253円となっています。

6月、7月とマイナスの月が続いてしまっていましたが、久々に貯金分プラスになりました。
出張費の立替払いの分は、会社から振り込まれましたが、次の出張のために別口座に保管しておきます。

現金貯蓄の目標金額は、370万円を設定しています。
内訳は下記のとおりです。
・生活防衛資金(6~12ヶ月分の生活費)➡ 200万円
・子供の養育費 ➡ 100万円
・自家用車の維持費 ➡ 20万円
・自家用車の購入費 ➡ 50万円

自動車の維持費や購入費が意外に高くつくので、メンテナンスリースも選択肢に入れて検討していきたいと思います。

定額貯蓄を行っている銀行口座は、”あおぞら銀行BANK支店”です。
普通預金で金利0.2%と優位性の高い銀行口座となっています。定期預金でもこれほど高い金利は稀だと思います。
おすすめの銀行口座については、下記よりご確認ください。

貯蓄口座は、あおぞら銀行BANK支店を使用しています。
普通預金の金利0.2%と高いのでおすすめです。
あおぞら銀行BANK支店については、「おすすめ銀行口座」をご確認ください。

つみたてNISA

つみたてNISAは、評価損益+280,016円(+18.08%)となっています。
先月と比較すると評価額131,238円と大幅に増加しました。

6月に引き続き、7月26日に米FRBが政策金利を0.75%引き上げを決定しましたが、以前のような暴落もなく想定の範囲内といった形でした。

私は、毎月33,333円を2020年3月から運用しています。30ヶ月経過
妻は、毎月33,333円を2020年12月から運用しています。20ヶ月経過

  • つみたてNISA(歩兵の将)
    • 楽天・全米株式インデックスファンド(毎月33,333円)
  • つみたてNISA(妻)
    • eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)(毎月3,333円)
    • eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)(毎月30,000円)
歩兵の将 つみたてNISA資産推移
妻 つみたてNISA資産推移

ジュニアNISA

ジュニアNISAは、評価損益+226,213円(17.40%)となりました。
2020年9月から運用開始し、23ヶ月経過しました。
児童手当をそのまま積み立てています。

今月は、少し落ち込んできていたS&P500を5万円分購入しました。

ジュニアNISAは、年間上限80万円を5年間非課税で運用できます。
投資可能期間は2023年までとなっており、2024年以降は追加投資はできず、既に運用している金融商品をロールオーバーして18歳まで運用することが可能です。

  • ジュニアNISA
    • eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)700,000円
    • eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)600,000円

児童手当は、0~3歳未満は15,000円/月、3歳~小学校修了前は10,000円/月(第3子以降15,000円/月)、中学生は10,000円/月と総額で198万円を受給することができます。
養育費に充てても良いのですが、極力運用して子供の老後用に取っといてあげたいと思っています。
18歳になった頃に証券口座ごと引き渡す予定です。

iDeCo(個人型確定拠出年金)

iDeCo(確定拠出年金)は、評価損益+181,864円(20.50%)となりました。
先月と比較すると69,605円とプラスになりました。米国の高インフレ、政策金利引上げなどで市場の不安定が原因となり100万円のラインを行ったり来たりしている状況です…。
引き続き毎月23,000円を積み立てていきます。
引き出し可能時期まで、あと20年以上あることから最大限にリスクをとることにしました!(∩´∀`)∩

  • 購入銘柄(掛金配分)
    • 楽天全米株式バンガード楽天DC(100%)
iDeCo内訳
iDeCo資産推移(2021年6月~2022年8月)

米国株式

米国株式は、高配当株ETFを少しづつ購入しています。
評価損益+66,836円(6.71%)となりました。

  • 高配当ETF銘柄
    • SPDRポートフォリオS&P500高配当株式ETF(SPYD)61株
    • バンガード・米国高配当株式ETF(VYM)22株
    • iシェアードコア米国高配当株ETF(HDV)30株

政策金利引き上げの影響で、直近チャートも右肩下がりで弱気相場入りしていると感じますので、しばらく様子見してから追加購入を検討していきます。

3ヶ月毎に配当金がいただけるので、ある程度配当金が貯まったら配当金で買い増ししていきます。

国内株式

国内株式は、米国株式同様に配当金(インカムゲイン)目当てで投資をしています。

国内株式の高配当株(配当利回り3.5%以上)を購入しています。
国内株式高配当株投資には、SBIネオモバイル証券を使用しています。
SBIネオモバイル証券では、1株単位から購入可能なので、少しの資金で多くの銘柄に分散投資する事ができます。

個別株を1銘柄購入していますが、一時期含み益が発生しましたが、再び含み損を抱えることとなってしまいました。(;´Д`)

check

日本株は、通常100株単位での購入となるので、有名どころ銘柄を購入しようとすると10万円以上の資金が必要となります。
SBIネオモバイル証券であれば1株から購入が可能です。
活用してみてはいかがでしょうか?

まとめ

現在の資産は、879万円と先月から453,834円増加しました。瞬間的に900万円を超えた日がありましたが、固定費・生活費の支払いなどでいつも通りとなりました。
まずは資産1,000万円を目標に活動していきます。
定期的に資産公開し、進捗を報告します!

コメント

タイトルとURLをコピーしました