お金の勉強を始めて行ったこと~家計見直し編~

資産管理
スポンサーリンク

こんにちは。歩兵の将です。

お金の勉強を始めて1年程経ちました。今回は、1年間で行動してきた事についてまとめてみました。

特に家計の見直し(支出管理)について記載していきます。

家計管理(現状把握)

まず最初に取り組んだのが家計管理です。

毎月何にいくらお金を使っているのかはざっくり把握はしていましたが、正確に支出管理はしていませんでした。

しかし、毎月の買い物のレシートやカードの利用明細のチェックを行い、集約・集計を行うのは考えただけで挫折しそうです・・・(つω-`)

そこでスマホアプリで管理できないものかと、いくつかのアプリを見比べて「マネーフォワード Me」というアプリで管理する事としました。

マネーフォワード Meの特徴

  • 銀行やクレジットカードを連携させて使用金額を管理できる
  • 食費や光熱費などカテゴリ別に管理できる
  • レシートを撮影して反映できる

など他にも便利な機能がありますが、有料版(月額500円)の機能となります。

無料版でも十分な機能ですので、一度お試しいただく事をオススメします!

クレジットカードや電子マネーなどを連携して現金を使わなければ、全て自動で反映されるので1週間に1回レシートと差異が無いかだけチェックしています。

チェック時間は、10分程で完了します。

余談ですが、銀行口座を連携しておくと、高額な入出金かあった場合に通知が届くので、不正出金があれば直ぐ気付く事ができます。

保険の見直し

次に行ったのが保険の見直しです。

自分の保険12,000円と妻の保険8,000円の合わせて月に20,000円程掛かっていました。

今回は、自分の分だけを見直して12,000円から11,000円に下げることができました。差額は、月1,000円ですが元の保険は年齢が上がるに連れて保険料も上がる内容でした。見直し後の保険料は、満期まで定額の保険とする事ができました。

掛け捨ての死亡保険だけにしたいところでしたが、妻と子供もいるので協議の結果、傷病保険・がん保険・収入補償保険にも加入しました。

自家用車の売却

我が家では、自分用と妻用と車を2台所有していました。

東京の郊外に住んでいる事と、以前の勤務先には車で通勤をしていたのが2台所有の理由です。

しかし、転職したら電車通勤となり1台は休日に使用する程度と使用頻度は激減しました。維持費ばかり掛かっていたので売却を決意しました。

就職してから13年間使用していた愛車だったので名残惜しかったです・・・(´;Д;`)

13年で10万キロ以上走行していましたが、200,000円で売却する事ができました!

加えて、所有車を軽自動車1台にする事で、維持費などの費用を抑える事ができました。

スマホ料金の見直し

続いてスマホ料金の見直しを行いました。

スマホ料金は、3大キャリアを使用していたので妻と2人で毎月12,000円でした。

格安SIMの楽天モバイルに乗り換えて2人で月4,000円にする事ができました!

その差額、驚愕の8,000円!ヽ(*´∀`)ノ

今までの料金は何だったのか…

解約手数料やMNP(ナンバーポータビリティ)料などの手数料が諸々掛かりましたが、月8,000円の差額があれば直ぐにプラ転できます。

多少電波が通じにくい場合もありますが、そこまで不自由さは感じません。(個人的な感想です)

使って合わなければ元に戻せば良いだけです。

是非、皆さんも一度格安SIMを検討してみてはいかがでしょうか?d(´ω`*)

住宅ローンの見直し

次は、住宅ローンの見直しです。

30歳の時に住宅を購入し、妻を連帯債務者として固定金利で35年ローンを組みました。毎月の支払いは122,000円程です。

同時に団体信用生命保険(以下、団信)にも加入しローンとは別に毎年120,000円程支払っていました。(2017年10月以前にローン申請したので別払いでした)

また、当初のローンでは金利が3段階になっていて一定期間の経年で金利が上昇する契約になっていました。(*_*)

見直しをした結果。毎月の支払い金額は変わりませんでしたが、団信の支払いが無くなったので、月10,000円の節約になりました。

加えて、金利も最後まで固定タイプになったので、全体的に支払い総額を減らす事ができました。

ローン借換には、手数料が掛かります。ローン会社によって金額は異なるので、複数社確認するのをオススメします。

電気料金の見直し

最後に電気料金の見直しを行いました。

今まで東京電力で契約していましたが、「楽天でんき」に変更しました。

料金は、少し安くなる程度でした。

しかし、楽天でんきを選択した最大の理由は、楽天ポイントの期間限定ポイントが使用可能なところです!

全額ポイントで支払いしても請求金額に対してポイントが付与されるところも魅力的です朗

電気料金は、現在契約している電力会社によって安くならない場合もあるので、必ずシュミレーションを行うことをオススメします。

まとめ

今回は、家計の見直しということで、この1年間で行った固定費の見直しについて振り返ってみました。

固定費の見直しは、申し込みなど色々面倒臭いですが、一度やればずっと効果が持続するので、行動対効果は非常に高いと感じます!

節約できた金額については、貯蓄と投資に割り振っています。

次回は、これまでやってきた投資や現在おこなっている投資について書いて行きたいと思います。

最後まで、ご覧いただきありがとうございます!(•ᵕᴗᵕ•)

コメント

タイトルとURLをコピーしました