やらなきゃ損!?NISA制度について

資産管理
スポンサーリンク

こんにちは。歩兵の将です!
今回は、今話題のNISA制度について解説したいと思います。
始めてみたいけど制度が良く分からない。制度は理解したけど投資するのに抵抗がある。
そんな方達のお役に立てればと思います。

NISAとは

まず初めにNISA制度の概要を説明します。
通常、株式や投資信託などの金融商品に投資を行った場合、これらを売却して得た利益や受け取った配当に対して約20%の税金がかかります。
NISAは、「NISA口座(非課税口座)」内で、毎年一定金額の範囲内で購入したこれらの金融商品から得られる利益が非課税になる、つまり、税金がかからなくなる制度です。

豆知識

NISAの正式名称は、イギリスのISA(Individual Savings Account=個人貯蓄口座)をモデルにした日本版ISAとして、NISA(ニーサ・Nippon Individual Savings Account)という愛称がついています。

NISAを始めるには

NISAを始めるには、NISA口座を開設する必要があります。
NISA口座を開設するには証券口座を開設します。銀行口座でNISA口座は開設出来ないので、ご注意下さい。
お勧めの証券口座は、SBI証券、楽天証券が投資対象銘柄も多くネットで申し込み出来ます。
同時にNISA口座開設も申し込み出来ます。証券口座開設に費用は掛からないので、まずは証券口座を作っていつでもNISAを始められるように準備だけしておきましょう!

お勧めの証券口座については、下記に掲載してあるので、参考までに見ていってください!

POINT
  • NISA口座を開設
  • 証券口座が必要
  • 証券口座の開設、維持には費用掛からない。
  • 銀行口座ではNISAを始められない。
おすすめ証券口座リンク

NISAの種類について

NISAは、成年が利用できる一般NISA・つみたてNISA、未成年が利用できるジュニアNISAの3種類があります。
一般NISAは、株式・投資信託等を年間120万円まで購入でき、最大5年間非課税で保有できます。
つみたてNISAは、一定の投資信託を年間40万円まで購入でき、最大20年間非課税で保有できます。
ジュニアNISAは、株式・投資信託等を年間80万円まで購入でき、最大5年間非課税で保有できます。

金融庁HPから引用

また、成人年齢の引下げの影響もあり、2024年からは以下の制度に変更となります。
新しいNISA制度については、最後に解説します。

金融庁HPから引用

一般NISAとは

一般NISAとは、2014年1月にスタートした、少額からの投資を行う方のための非課税制度です。

例えば投資信託に投資した場合、「普通分配金」と売却時の「譲渡益」が非課税になります。
ただし、他の口座(一般口座や特定口座)で発生した譲渡益や配当金等との損益通算はできません。

POINT
  1. 口座開設
    • NISA口座は、1人1口座に限り開設可能。
    • 一般NISAとつみたてNISAをどちらか一方を選択。
    • 金融機関の変更可能。※9月末までに金融機関で変更手続き完了が必要
    • 年単位でつみたてNISAと一般NISAの変更可能。※10月~12月で金融機関で変更手続き完了が必要
  2. 非課税投資枠
    • 毎年120万円まで(1月~12月の間に投資できる金額)
    • 一括または分割での投資が可能
    • いつでも払出し、売却が可能。
    • 払出し、売却をした分に対応する非課税投資枠の再利用不可(1月に使用した20万円分を4月に売却、4月以降に追加で投資できるのは100万円まで)
    • 翌年への上限額の持越しは不可(2022年に100万円、2023年に140万円などはできません)
  3. 非課税保有期間
    • 5年間
    • 5年経過後は、翌年の非課税投資枠に移管(ロールオーバー)する。         ※ロールオーバーする金額が120万円以上の場合、非課税投資枠を使い切ってしまうので、新規の投資はできなくなります。
    • 5年経過後は、特定口座に移管する。
    • 5年経過後に売却する。

つみたてNISAとは

つみたてNISAとは、特に少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です(2018年1月からスタート)。

つみたてNISAの対象商品は、手数料が低水準、頻繁に分配金が支払われないなど、長期・積立・分散投資に適した公募株式投資信託と上場株式投資信託(ETF)に限定されており、投資初心者をはじめ幅広い年代の方にとって利用しやすい仕組みとなっています。

投資可能期間は、2042年12月までとなります。

POINT
  1. 口座開設
    • NISA口座は、1人1口座に限り開設可能。
    • 一般NISAとつみたてNISAをどちらか一方を選択。
    • 金融機関の変更可能。※9月末までに金融機関で変更手続き完了が必要
    • 年単位でつみたてNISAと一般NISAの変更可能。※10月~12月で金融機関で変更手続き完了が必要
  2. 非課税投資枠
    • 毎年40万円まで(1月~12月の間に投資できる金額)
    • いつでも払出し、売却が可能。
    • その年の非課税投資枠の未使用分があっても、翌年以降に繰り越し不可。
  3. 非課税保有期間
    • 20年間
    • 20年経過後は、課税口座(一般口座や特定口座)に払出しされる。※ロールオーバーはできません。
    • 20年経過後に売却する。
金融庁HP 引用

ジュニアNISAとは

ジュニアNISAとは、2016年4月から始まった未成年者を対象とした少額投資非課税制度です。未成年者(0~19歳)を対象に、年間80万円分の非課税投資枠が設定され、株式・投資信託等の配当・譲渡益等が非課税対象となります。

投資可能期間は、2023年12月までとなります。18歳までは払出し制限があり、資金拘束されてしまい少々使い勝手の悪い制度と感じます。しかし、2023年の制度廃止により払出し制限が無くなります!再投資はできなくなりますが、使いたい時に引き出せるようになり便利になりそうですね。d(´ω`*)

POINT
  1. 口座開設
    • ジュニアNISA口座は、1人1口座に限り開設可能。
    • 一般NISAとつみたてNISAをどちらか一方を選択。
    • 金融機関の変更不可。※口座を廃止すると、過去の利益に課税されます。
    • 運用できる資金は、口座開設者本人(未成年者)に帰属する資金に限定される。
  2. 非課税投資枠
    • 毎年80万円まで(1月~12月の間に投資できる金額)
    • その年の非課税投資枠の未使用分があっても、翌年以降に繰り越し不可。
    • 2024年以降、ジュニアNISAでは、新規購入できない。
  3. 非課税対象
    • 購入した株式・投資信託等が値上がりした後に売却した譲渡益
    • 購入した株式・投資信託等を保有している間の配当金
      ※通常20.315%の税金が課税されます。
  4. 非課税保有期間
    • 5年間
    • 5年経過後は、翌年の非課税投資枠に移管(ロールオーバー)する。         ※ロールオーバーする金額が80万円以上の場合、非課税投資枠を使い切ってしまうので、新規の投資はできなくなります。
    • 20年経過後に売却する。
  5. 運用管理者
    • 口座開設者本人(未成年者)の二親等以内の親族(両親・祖父母など)
金融庁HP 引用
金融庁HP 引用

新NISA制度について

より多くの方々に長期・積立・分散投資を始めるきっかけとしてもらうため、2024年以降、一般NISAの非課税対象および非課税投資枠が見直され、2階建ての新しいNISAに変更されます。

POINT
  1. 口座開設
    • 新NISA口座は、1人1口座に限り開設可能。
    • 新NISAとつみたてNISAをどちらか一方を選択。
    • 金融機関の変更可能。※9月末までに金融機関で変更手続き完了が必要
    • 年単位でつみたてNISAと新NISAの変更可能。※10月~12月で金融機関で変更手続き完了が必要
  2. 非課税投資枠
    • 1階 新規投資額で毎年20万円が上限(非課税投資枠は最大100万円)
    • 2階 新規投資額で毎年102万円が上限(非課税投資枠は最大510万円)
  3. 非課税対象
    • 1階 一定の投資信託への投資から得られる分配金や譲渡益
    • 2階 株式・投資信託等への投資から得られる配当金・分配金や譲渡益
  4. 非課税期間
    • 5年間
    • 5年経過後は、翌年の非課税投資枠に移管(ロールオーバー)する。         ※ロールオーバーする金額が80万円以上の場合、非課税投資枠を使い切ってしまうので、新規の投資はできなくなります
  5. 投資可能期間
    • 2024年~2028年

まとめ

NISAは、国が勧めている制度となっています。
少子高齢化や人口減少により、将来の年金受給額の確保が難しくなっていることから、老後資金などを個々で準備する必要が出てきています。
若いうちから準備を進めることで、将来の不安を少しは払しょくできると思います。

投資と聞くとネガティブなイメージが先行しがちですが、まずは少額からでも始めてみることをお勧めします。
投資には、価格変動リスク(値上がり値下がりのリスク)が付き物です、いきなり大金を投資するのは心が落ち着きません。投資直後に暴落なんてあったら二度と投資なんてできないと思います。
まずは、少額から始めて長く続けてみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました