スタッドレスタイヤ交換

未分類
スポンサーリンク

こんにちは。歩兵の将です。

毎年11月頃には、愛車の冬支度を始めます。そこで今回は、スタッドレスタイヤへの交換作業について投稿します。

自動車整備士をしていた頃、冬の始まりの時期になると「ハブボルト(ホイールの穴に入れるボルト)を折ってしまった・・・」などの修理依頼が、時折舞い込んできます。

ほとんどの場合が、自身でタイヤ交換を行ったものの、交換方法が間違っていた為、起きてしまった事故です。

通常、ホイール付きのスタッドレスタイヤに交換する場合、2,000円~5,000円程度で交換できます。
しかし、ハブボルトを折ってしまうとハブベアリング一体式の場合、数万円の修理代が掛かってしまいます(メーカーによって修理代は異なります)。

今回は、自宅でも正しく、安全にタイヤ交換をする方法を紹介したいと思います。

作業前に確認・準備する物

まず最初に、タイヤ交換ができる場所があるか確認してください。

作業場所の条件
  • 地面が舗装されている場所(未舗装でも可能ですが車を持ち上げた時に地面が沈み込むのでお勧めしません)
  • 地面が水平であること
  • 凸凹が無いこと
  • 車の前後左右に1m以上のスペースが確保できること

次に工具など、交換できる道具が揃っているか確認してください。

準備する物
  • スタッドレスタイヤ(ホイール付)
  • 軍手(作業用手袋)
  • 十字レンチ(ホームセンターなどで購入できます)
  • フロアジャッキ(車載されている物でも可)
  • 車輪止め(木材などでも代用可)
  • 定規・スケール(タイヤの溝深さを測れる物)
  • トルクレンチ(決まった力で締付ける道具です)

作業場所と道具の確認・準備ができたら、いよいよ作業開始です!

①ジャッキアップ

確保した場所に車を移動したら、シフトレバーをパーキングに入れて、サイドブレーキを掛けます。

車輪止めを設置します。前輪を作業する場合は、後輪の前側に設置します(後輪作業時は前輪後側)。

ジャッキアップポイントにフロアジャッキをセットします。
ジャッキアップポイントは、前輪後側・後輪前側の車体下部なあります。へこんでいたり目印が付いています。車両によって場所が異なるので、必ず取り扱い説明書をご確認ください。

準備ができたら車体を持ち上げていきます。

少し車体が持ち上がった(タイヤが地面に少し接地した)状態で、ホイールナットを反時計回り方向に90度程緩めておきます。※タイヤが浮いた状態だと空転して緩められません。

ジャッキアップポイント(前側)
ジャッキアップ

②夏タイヤ(ホイール付)の取り外し

タイヤが地面から離れたら、ホイールナットを取り外して夏タイヤ(ホイール付)を取り外します。

注意!タイヤが浮いた状態で万が一、フロアジャッキが外れてしまうと大変なので、車体の下にタイヤを入れておいてください。

③スタッドレスタイヤ(ホイール付)の取り付け

スタッドレスタイヤ(ホイール付)を取り付けます。定規で残り溝を測って、溝が深いタイヤを前側に取り付けます。

最初に下側のナットを手締めで仮止めします。少し左右に回しながら押し込んで、取り付け面とホイールの間に隙間ができないように取り付けます。

ホイールナットは、均等に締め付けれるよう対角線上に締め付けていきます。
4ヶ所の場合は十字に、5ヶ所の場所は五芒星を書くように締め付けていきます。

次の工程で最終締め付けを行うので、締め過ぎないようにしてください。

ホイール締め付け手順

④最終確認

取り付けが完了したら規定トルク(決められた力)で締め付け最終確認をします。
ここでは「トルクレンチ」を使用して、規定トルクで締め付けます。
締め付ける順番は、取り付け同様、対角線上に締め付けていきます。

今回使用するトルクレンチは、プレセット型のラチェット式を使用しています。
プレセット型は、あらかじめトルク値を設定しておき、その値に達すると「カチッ」という音と手に軽いショックが伝わるタイプです。

全体を一度締め付けたら、最後にもう一度締め付けて完了です。

スタッドレスタイヤへの付け替えと夏タイヤへの付け替えと、年2回は使用するので購入することをおススメします!
トルクレンチを使用しないと、緩かったり締め過ぎたりなど故障・事故の原因となります。

まとめ

今回は、タイヤ交換手順についてまとめてみました。
締め付けが緩いとタイヤが外れて事故の原因になります。
また、逆に締め過ぎるとボルトが伸びたり、破損したりと故障の原因になります。

とても重要な作業となりますので、自信がない方はプロにお任せする事をおススメします。

お勧め工具

■フロアジャッキ
3トンまで持ち上げられるので、ミニバンやワンボックスにも使用できます。
CR-Vなどの車高の高いSUV車でも、しっかり持ち上げられます。


■トルクレンチ
最後にナットを締める時は、緩くても締め過ぎても良くありません。適切な力で締め付けるのが大切です。
トルクレンチは、締め付ける力(トルク)をセットすると、その力(トルク)で締め付けることができます。
セットした力(トルク)に達すると「カチッ!」と音が鳴るので締め過ぎを防止できます。


コメント

タイトルとURLをコピーしました