ドローンの登録お済ですか?無人航空機を使用する際には登録が必要

ドローン
スポンサーリンク

こんにちは。歩兵の将です。
2022年6月20日より”無人航空機の登録“が義務化されました。

2022年6月20日以降は、登録されていない100g以上の無人航空機を飛行させることができなくなりました。
登録せずに飛行した場合は、航空法に基づき、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金が科せられます。
知らずに飛ばすと航空法違反で罰せられてしまいます。

そこで今回は、登録制度や登録方法などについて記載していきます。
これからドローンを購入する人などは事前にご確認いただければと思います。

無人航空機とは

まず最初に”無人航空機“とはどのようなものを指すのかです。

無人航空機
航空の用に供することができる飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船その他政令で定める危機であって、構造上人が乗ることができないもののうち、遠隔操作又は自動操縦(プログラムにより自動的に操縦を行うことをいう。)により飛行させることができるもの(100g以上)をいう。
・ドローン(マルチコプター)
・農薬散布用ヘリコプター
・ラジコン機

無人航空機は、航空法の規制対象となります。
航空法は、国土交通省が管理しているため、今回の登録制度についても国土交通省に登録を行うこととなります。
自動車の登録制度と同じと思ってもらえればOKです!
自動車も車体の前後に登録ナンバーを付けないと公道を走行できませんよね。

登録制度の背景

何故このような登録制度が開始されたかですが、無人航空機(ドローン・ラジコンなど)の利活用が急増している中で、事故や無許可で飛行させる事案が頻発していることから、無人航空機の登録制度が開始されました。
無人航空機の登録が義務化され、登録されていない無人航空機を飛行させることができなくなりました。

POINT
  1. 事故発生時などにおける所有者把握のため
  2. 事故の原因究明や安全確保のため
  3. 安全上、問題のある機体の登録を拒否し、安全を確保するため

登録制度の概要

2020年の改正航空法に基づき、登録していない無人航空機の飛行は禁止されました。
2022年6月20日以降、無人航空機を識別するための登録記号を表示し、リモートID機能を備えなければならなくなりました。

登録制度の適用範囲

  • 重量が100g以上の無人航空機(マルチコプター・回転翼機・固定翼機など)
    ※100g未満の無人航空機は、「小型無人機」に分類されるため、登録の必要はありません。
  • 無人航空機と、その所有者と使用者の情報も登録します。
重量について

重量はバッテリー装着時の重量となります。

登録を受けることのができない無人航空機

最低限必要となる機体の安全性を確保するため、下記の要件に該当する場合は登録することができません。

  • 製造者が機体の安全性に懸念があるとして回収(リコール)しているような機体
  • 事故が多発していることが明らかである機体など、あらかじめ国土交通大臣が登録できないものと指定したもの
  • 表面に不要な突起物があるなど、地上の人などに衝突した際に安全を著しく損なう恐れのある無人航空機
  • 遠隔操作または自動操縦による飛行の制御が著しく困難である無人航空機

登録手数料と支払方法について

無人航空機の登録には、手数料がかかります。
登録手数料は、新規登録および更新申請の手続きで発生し、1機あたり890円~2,400円かかります。

申請方法

申請方法1機目2機目以上(1機目と同時申請の場合)
個人番号カードまたはgBizIDを
用いたオンラインによる申請
900円890円/機
上記以外(運転免許証やパスポートなど)
を用いたオンラインによる申請
1,450円1,050円/機
紙媒体による申請2,400円2,000円/機
申請方法および手数料

支払方法は、オンラインによる申請の場合は、クレジットカードにより決済することが可能です。
また、インターネットバンキングおよび金融機関ATMを利用した電子納付も可能です。この場合は、国から通知された手数料納付番号が必要となります。

支払方法
①クレジットカード(オンライン申請のみ)
②インターネットバンキング(手数料納付番号が必要)
③金融機関ATM(手数料納付番号が必要)

登録方法

無人航空機の登録は、「申請」、「入金」、「登録記号発行」の順に行います。

申請
まず最初に、ドローン登録システムにアカウントの開設を行います。
ドローン登録システムでは、ドローン・ラジコン等の無人航空機の登録手続きを行うことができます。

ドローン登録システムURL
https://www.dips-reg.mlit.go.jp/drs/top/init

ドローン登録システム TOP画面

アカウントの開設が完了したら次にドローンの登録を行います。

メインメニューから「新規登録」を選択して登録手続きを行います。

  1. 本人確認方法選択
    • マイナンバーカード
    • 運転免許証
    • パスポート
    • 上記以外の本人確認書類(書類の郵送)
  2. 所有者情報入力
  3. 機体情報入力
    • 改造された無人航空機を登録する場合、その概要や規模を必ず申告してください。
  4. 使用者情報入力
  5. 入力情報確認
  6. 手続き完了

入金
登録申請の審査を通過後、申請に係る手数料の納付を行います。
申請方法および本人確認方法により金額が異なります。申請時に必ず確認してください。

登録記号発行
すべての手続きが完了した後、申請した無人航空機の登録記号が発行されます。
登録記号は無人航空機に鮮明に表示しなくてはなりません。

登録記号の表示方法について

発行された登録記号は、無人航空機に鮮明に表示しなくてはなりません。
25㎏以上の機体は25㎜以上25㎏未満の機体は3㎜以上文字の高さでマジックやシールなどで表示します。※シールの高さでなく文字の高さですのでご注意ください!

国交省HP参照

まとめ

ドローンは、ネットなどで誰でも手軽に購入できるようになりました。
たくさんの人が利用するようになると、それだけ事故の確立なども高まってきます。そこで国も管理体制を築くことによって、皆が安全に利用できるようにするためのルールを策定していきます。
少し面倒が増えますが、ルールをしっかり守って安全に利用していきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました