ドローン空撮 河川敷の使用許可申請方法

ドローン
スポンサーリンク

こんにちは。歩兵の将です。

春になると近所の川沿いに植えられた桜並木がとてもキレイに咲いています。

せっかくなのでドローンで空撮をしてみようと思ったのですが、勝手に飛ばしてはいけないようです。(´+ω+`)

今回は、その時の手続きなどを紹介します。

管理者の確認

まず最初に、対象となる川(河川)の管理者を確認します。

一級河川の場合は、国土交通省のHPに各河川の管理事務所が載っているので、そこに連絡しましょう。

〈国土交通省HPリンク〉

主な施策:利用 - 河川の管理区分について - 国土交通省水管理・国土保全局

二級河川は、都道府県が管理しています。
それ以外の河川は、市区町村での管理となります。

その場合は、「河川名 管理者」で検索すると、その河川の管理者を調べる事ができます。

今回調べた河川は、東京都建設局が管理している事が分かりました。

河川敷利用許可取り

河川の管理者が分かったら、管理者に連絡し、ドローン飛行に必要なルールを教えて貰います。

今回ドローン飛行に必要な許可は2つありました。

①河川の護岸利用届出と、②人口密集地域(DID地区)での飛行許可でした。

①は、今回の対象河川の管理者である東京都建設局に申請します。
申請用紙(テラス護岸等一日利用届出 撮影用)は、東京都建設局のHPに掲載されています。
連絡した時に丁寧に教えてくれので、パソコンを見ながら問合せる事をお勧めします。(*´∀`)

申請用紙に必要事項を記載し、窓口に持って行くか、郵送で送ると使用許可を頂けます。

②は、国土交通省航空局への申請が必要です。
これは事前に1年間の包括申請を行っていたので割愛します。

申請方法については、別のページで紹介します。

飛行開始前に

関係各所の許可取りも完了したので、早速ドローンを飛ばしに行こう!

っと思う気持ちを少し抑えて、管轄の警察署に飛行開始前の報告を行います。

まだまだ、ドローンに対する悪いイメージが強いのか警察に通報される方がいるので、事前に飛行報告をします。近所の交番に報告しに行ったところ、最寄り警察署の生活安全課に来て欲しいとの事でした。

最寄り警察署の生活安全課に行き、許可を取得した際の書類と身分証明書を提示しました。

少しお話しを伺うと、やはり通報する方はいる様で、通報があると出動しなくてはならないようです・・・。

事前に報告しておくと少しお話しする程度で済むそうです。

空撮開始!

許可取り、事前報告も完了したのでいよいよ空撮開始です!ヽ(*´∀`)ノ

撮影をしていると物珍しいのか散歩中のおじ様に声を掛けられたり、子供達が追い掛けて来ます・・・。

上空40m程の高さや、河川上を飛行させ、安全には細心の注意を払って空撮を行いました。

https://youtu.be/qnmnwl0gypI

まとめ

初めて許可取りから飛行準備を行いましたが、かなり面倒でした・・・。(´・×・`)

初めてなので面倒に感じたかもしれませんが、建設局の方や、警察署の方も大変丁寧に対応して頂けました。

しっかり下調べしないと法令違反などで捕まってしまうかもしれないので、飛ばす場所の管理者など確認してから飛ばすようにしましょう。

また、ドローンを飛ばす為の申請を行ったら紹介したいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございます!

ドローンで空撮した動画をYouTubeにアップしています。
是非ご覧ください!

歩兵の将 Sky Channel
ドローン(Dji MAVIC 2 Pro)での空撮動画を配信します。 ドローン初心者の30代サラリーマンが趣味で始めた空撮動画です。 ただ、撮るだけでは面白くないので、折角なのでYouTubeにも挑戦してみます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました