ヘッドライト黄ばみ落とし

未分類
スポンサーリンク

こんにちは。歩兵の将です!

今回は、元自動車整備士で培った経験を活かし、知り合いの車のヘッドライトをキレイにして行きたい思います。

長年、車を使用していると紫外線によりヘッドライトの樹脂カバーが黄ばんできてしまいます。

見た目も汚く見えてしまいますし、車検時には光量不足で検査に通らないなんて事もしばしば・・・

それでは張り切って作業を始めていきます!

まずは、下準備です。今回は、ポリッシャーを使用するので、余計な所まで研磨しないようにマスキングテープで保護しておきます。ボンネット部分のマスキングが面倒なので開けて作業しています。笑 うっかり写真右側のヘッドライトは、撮影前に少し磨いてしまいました・・・💦

写真左側は、黄ばみが酷く汚れて見えますね😱

最初に99工房の液体コンパウンド3000番で磨いていきます。本来であれば紙ヤスリで磨きたいところですが、時間もあまりないので省略します。

コンパウンドの番数は、ヤスリと同じで番号が大きいほど細かくなります。

1回だと中々キレイにならなかったので、2回磨きます。1回目で黄ばみはほぼ落ちましたが、まだ曇ってます。

続いて鏡面仕上げのコンパウンドで更に磨いていきます。名前のとおり鏡のように映り込むくらい表面を磨きあげる事ができます👍

最初と同じく2回磨いていきます。

最後にヘッドライト専用のコーティングを施行して完成です!コーティングをしないと直ぐに汚れたり、また黄ばんできてしまいます。カー用品店で販売されているもので十分です。

最初と比べると、かなりキレイになりました。作業時間は40分ほどで完了です。

自動車ディーラーで整備士をしていたので、たまに車関連の記事も書いていきたいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました