簿記3級 資格試験 受験

資産管理
スポンサーリンク

こんにちは。歩兵の将です。

お金の勉強をしていく中で、「給与所得以外の収入源を確保するため、副業で事業所得を得た方が良い」とありました。

副業を始めるにあたり、会計についても学んだ方が良いと考え簿記検定を受ける事にしました。まずは、基礎の日商簿記3級を受験します!

簿記とは?

簿記とは、企業の営業取引や経営活動を帳簿に記録する技術のことです。ただ記録するだけではなく、企業の経営成績や財務状況を明らかにするために、貸借対照表や損益計算書などの財務諸表を作らなくてはなりません。簿記検定ではこれらに必要な知識があるかどうかが問われます。
簿記検定の種類は複数ありますが、もっとも有名なのは「日商簿記検定」です。日商簿記検定は初級から受験することができますが、実務で通用するレベルは3級以上といわれています。

生涯学習のユーキャンHP

学習方法

学習を始める前に、自己学習が良いのか通信教育が良いのかをネットで下調べしました。調査の結果、簿記には独特な考え方などがあるため、基礎はしっかり学んだ方が良いと感じたので、今回は通信教育を選択しました。

通信教育は、クレアールの通信講座に申し込みました。申し込み後、学習の手引きなどが送られてきます。

送付内容

  • テキスト
  • 練習問題集
  • 過去問題集
  • 学習管理表
  • 学習の手引き

専用ページにアクセスし、講義動画を見ながらテキストに沿って学習を進めて行きます。その後、練習問題集を使用し同じ範囲の問題を解きます。以降、テキスト→練習問題、テキスト→練習問題といった感じで学習しました。

試験日が近くなってきたら過去問題集を実施し、試験問題に慣れておきます。

申込み方法

日商簿記の試験申込み方法は、お住まいの地域の商工会議所のホームページから確認できます。
私の地域では、指定の場所(書店など)での申込みとインターネットからの申込みの2パターンありました。
試験日の2か月前頃から申込みが可能となりますので、事前に最寄りの商工会議所のホームページを確認することをお勧めします。
試験は基本的に年3回(2・6・11月)行われていますが、開催時期の変更などもありますのでご注意ください。

試験内容

次に試験内容について紹介します。

試験時間;120分

試験問題の傾向

  1. 仕訳問題
  2. 帳簿記入、勘定記入など
  3. 試算表作成
  4. 伝票会計、勘定記入・訂正仕訳・決算整理仕訳
  5. 精算表作成 or 財務諸表作成

合格基準;70%以上の正解

まとめ

最後に試験結果を報告します。

結果は・・・・・・・・・・・

100点満点中91点で合格しました!珍しく採点の詳細についても記載されていました。( °Д°)

最初は仕訳についての理解が全くできていませんでしたが、講義動画を何回も観て、練習問題を何回も行う事で少しづつですが理解する事ができました。

あたりまえかと思いますが、しっかり勉強すれば難無く合格できると思います。

決算書を読み解き、財務状況を正しく把握する事は、どんなビジネスにも役立つので勉強して良かったと感じています。

学生時の必修科目になっていないのが疑問です・・・。

最後までご覧いただきありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました